GASのきほん ~条件分岐について~

GAS

GASの勉強も少しずつ難しくなっていくわね。今日は条件分岐!どんなんだろう?

条件分岐か。例えば人間も、物事を決める時に「もしAを選んだらどうなる?Bを選んだらどうなる?」みたいなことを決めるよね。それをコードに書くということだよ。

なるほど!そういうことね。それならイメージしやすいね。よし、今日も頑張るぞ!

スポンサーリンク

条件分岐は複数の種類がある

まず、条件分岐とはなにか、ということをイメージしておこう。

If条件分岐

If条件分岐は条件分岐の基礎であり、また、一番かんたんな条件分岐だと言われている。
では、次にIf条件分岐の例を挙げてみよう。

これは、お皿にりんごが3個乗っているか?をまず聞いている。
その後にもし3個乗っていればそのお皿からりんごを2個取り出す、
もし3個乗ってなければ何もしない、というものである。

このように、「~なら○○をする、もしNOなら△△」というふうに「If」(もし)文を使って表すのが「If条件分岐」である。

では、上記の図をGASで書くとしたらどんなコードになるのだろうか。
ちょっとやってみよう。

function myFunction1() {
 //変数セット
  let apple
  apple=3;
  console.log (apple);
 if (apple===3) {
  //3個だったときの処理をする
   apple = (apple - 2);
   console.log (apple);
   console.log ('りんごを2こ取り除きました');
 } 
}
結果出力ログ

これは、りんごが3個だった場合は2個引き、かつ、「りんごを2個取り除きました」というメッセージを出力するというもの
ちなみに、3個ではなかった時は何もしないのでコードも書いてない。

これがIf条件分岐では一番シンプルなコードである。

なお、コード内に(apple === 3)と書いてある部分があるが、これについては別の記事にまとめたいと思う。


では次に、両方とも何らかの処理があった場合はどうなるのだろうか。

If~else条件分岐

If~Else条件分岐

こちらでは、上記の例に加えて更にNOのときは「りんごを3個増やす」という処理が加わっている。

こういう場合はどうなるのだろうか。

function myFunction2() {
 //変数セット
  let apple
  apple=6;
  console.log (apple);
 if (apple===3) {
  //3個だったときの処理をする
   apple = (apple - 2);
   console.log (apple);
   console.log ('りんごを2こ取り除きました');
 } else{
   apple = (apple + 3);
 console.log (apple);
 console.log('りんごを3こ増やしました');
 }
}
結果ログ

これは、appleに格納されている値が3ではない場合、3個増やした結果を出力するというもの。

このように、If条件分岐ではElse(〜ではない時)の処理も入れることができる。

では、ここから進んで、複数の条件分岐の時はどう書けば良いのか。
これを試してみよう。

If〜Elseif条件分岐

これは、○○が△△の時、それ以外に○○が■■の時・・など、さらに条件を加えた文のことである。
例としてこういう図があるとする。

これは、りんごが3個ではない時は更に「リンゴは5個ですか?」という条件分岐をかけている。
そして、もし5個でなければリンゴに1個加える、という処理が入る。
ちなみにりんごが5個の時はそのまま何もせず終了する。
この場合はこう書けば良い。

function myFunction3() {
 //変数セット
  let apple
  apple=5;
  console.log (apple);
 if (apple===3) {
  //3個だったときの処理をする
   apple = (apple - 2);
   console.log (apple);
   console.log ('りんごを2こ取り除きました');
 } else if (apple === 5){
   //5個だったときの処理をする
 } else{
   //5個ではなかったときの処理をする
   apple = (apple + 1);
   console.log (apple);
   console.log('りんごを1こ増やしました');
 }
}
結果ログ出力

こんな風に、If条件分岐は場合によってはElseの組み合わせで幾つにも条件分岐を増やしていくことができる。

実は他にも条件分岐があるのだが、これは別の記事に書くとして今回はここで終わりたいと思う。

参考文献

このGAS記事はこちらを参考にしている。
著者はタカハシノリアキさん。(https://twitter.com/ntakahashi0505?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

とてもわかりやすくまとめられているので、今後GASを勉強したいと思っておられる方は是非参考にしてもらえると嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました